仮想通貨が叶える未来とは?新しいお金の指南書「お金2.0」要約・まとめ

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)」大人気ですね。皆さんはもう読みましたか?
とても面白い本だったので著者の佐藤 航陽さん、編集者の箕輪 厚介さんに許可をいただき要約まとめを書かせていただきました!

今回は、仮想通貨に関係の深い箇所(特に3章・4章)を中心にピックアップしてまとめています。
抜粋によるまとめなので、全内容を網羅はできていません。
面白ければぜひ購入してください!
お金や経済というテーマは難しそうなイメージが強く、敬遠してしまいがちなのですが、具体例が多く易しい文体で一気に読めてしまいますよ

1章:お金の正体

1章はお金とは何か?について定義・歴史・経済等様々な視点から考察しています。
発展する経済システムにはどんな要素があるのか?という分析は、特に事業を考えている方はとても参考になる内容です。
こちらでは、お金2.0の概念の部分のみ紹介します

お金2.0とは?

  • Fintech(フィンテック)とはFinance(ファイナンス)とTehnology(テクノロジー)を組み合わせた造語で、ITなどのテクノロジーによって金融トレンドが大きく変わるトレンドを指している。
  • Fintech(フィンテック)を、この本では1.0と2.0の2つの大きな現象に分けて考える。
  • Fintech1.0:すでに存在している金融の概念は壊さないもの。多くのFintechはこれに当たる。
  • Fintech2.0:近代に作られた金融の枠組み自体を無視して、全くのゼロベースから構築している。典型例は仮想通貨。全く新しい概念なので、今までの金融の仕組みに慣れている人ほど概念を理解するのが難しい。
 
本のタイトルもここから来ているよ!仮想通貨の概念はいままでの金融の常識とは全く異なるから、今までの枠組みに当てはめて判断することがすごく難しいんだ…。結果、いままでの経済に慣れ親しんできた人たちにとっては、不安の対象になってしまうこともあるよ。

2章:テクノロジーが変えるお金の形

2章では、お金2.0によってどのように経済が変わるのかについて書かれています。
分散化」いう観点からトークンエコノミー・仮想通貨という現象を見てみると、仮想通貨の技術的なトレンドからは見えなかった新たな一面が見えてきます

テクノロジーの変化は点ではなく線で捉えよう

  • テクノロジーを点ではなく、線として捉えることで、次に起こりうる変化をある程度予測できるようになり、次々におこる流行にも冷静に向き合えるようになる。
  • 「クラウドコンピューティング」「ビッグデータ」など別々に見える技術トレンドも、実は大きな一つの流れの一面に過ぎない。
  • 互いのトレンドは影響し合い、次の現象を起こしている。
 
次々に新しい技術が生まれているように見えるけど、実は連鎖しているんだ。関連性を意識することによって技術トレンドをさらに深く理解できるね。

次に来るトレンドの大きな流れは分散化

  • お金の世界において、ここ10年でもっともインパクトのある流れは「分散化」の流れである。
  • これまでは「分散化」とは真逆の「中央集権化」によって社会の秩序が保たれていたため、「分散化」は既存の経済・社会のシステムを根本から覆す概念となる。
  • 現在起きている「分散化」の代表的な現象は、「シェアリングエコノミー」「評価経済」「トークンエコノミー」などがある。
  • トークンエコノミーと、既存のビジネスモデルの大きな違いは、経済圏がネットワーク上に完結している点にある。今までは、国の発行したお金(法定通貨)を使ってビジネスをするしかなかったが、トークンエコノミーによってネットワーク上に独自の経済圏を築くことができるようになった。
 
今までは、一部の人たちにお金や権力が集まる仕組みの「中央集権化」が主流だったけど、小さな会社や個人単位で力を持てる「分散化」の流れが来ているよ!シェアリングエコノミー、評価経済、トークンエコノミーのそれぞれが合わさることによって、この流れはどんどん推し進められていくね。

経済そのものが民主化

  • 経済は「住む」対象から「作る」対象に変わった
  • 経済を作るのは国家の専売特許であったが、トークンエコノミーによって、個人や企業が貨幣を発行して経済圏を作れるようになり民主化してきている
  • 分散化の流れによって、結果、経済圏自体も分散化している
 
今までは国という一つの経済圏に住む選択肢しかなかったけど、これからは、仮想通貨で独自の経済圏を作ったり、参加したい経済圏を選べるようになるよ。今後は、お金そのものよりも、どのように経済圏を作って回していくかというノウハウが重視されるよ。

3章:価値主義とは何か

著者は、お金2.0によって資本主義の次にもたらされるものを価値主義と名付けています。今当たり前として受け入れられているお金の価値観が、「分散化」のトレンドによって大きく覆ることを予想しています。

【価値主義の背景①】お金=価値となってしまった現代

  • 本来お金は、価値の交換・保存・尺度という役割を持っていて、人々の活動をサポートする存在であったが「お金を増やす」という手段のみ強調されるようになってしまった。
  • 一部の人達は、この現象に違和感を感じている
 
お金を稼ぐこと自体が目的になってしまっている現代は、資本主義が行き過ぎてしまったことが原因なんだ。

資産経済の肥大化と金余り現象

  • 労働をして給料をもらう、ものを買ってお金を払うといった一般的な消費行動の経済を「消費経済、投資などお金からお金を生み出す経済を「資産経済という
  • 資産経済をメインに生きている人たちはごく一部であるが、流通しているお金の流れの9割近くは資産経済である。この資産経済の割合は年々拡大している。
  • 資産経済が拡大した結果、投資先が足りなくなり、資金調達が容易な環境にあるため、相対的にお金の価値が下がり続けている
  • 逆に、増やすことが難しい、お金では変えない物の価値が相対的に上がってきているとも言える。
 
ほとんどの人が参加する消費経済は、実は世の中のお金の1割程度ってびっくりだね…! お金を増やすことを求めすぎた結果、お金の価値が下がる現象がおきているよ。

資本主義から価値主義へ

  • いままでの資本主義では、お金に替えられるものは明確に価値が測れるが「人気」「信頼」「時間」といったお金と替えられないものは価値を測ることができない。
  • これからの価値主義では、お金以外のもので価値が測れるようになる。
  • 例えば、ネット上の評価とトークンを直接結びつけることで、価値が商品になり、お金や他の価値と交換できるようになる。
  • これからは「資本を最大化しておくこと」は今ほどは意味を持たなくなり「価値を最大化しておくこと」が最も重要になる。
 
個人のスキルや時間に価値がついて、売買できるVALUやタイムバンクはわかりやすい例だね。

4章:お金から解放される生き方 / 5章:加速する人類の変化

4章、5章は読者への強いメッセージが込められています。
経済の大きな変化の中でどう生きるか?」今の働き方に疑問を感じる人は、これを機に考え直してみるのも良いと思います。

  • 労働が機械によって自動化され、ベーシックインカムが普及すると人間は労働をする必要がなくなる。
  • 結果として膨大に時間が余りエンターテイメントが主要な産業になる。
  • これからはお金ではなく「内面的な価値」に注目した生き方が重要となる。
  • 儲かること」より、情熱を傾けられること」に注力し、独自性個性を伸ばそう。
  • 今までは出来上がった経済の枠組みの中で戦うことしかできなかったが、これからは枠組み自体をつくれる人が経済の中心となる。

いかがでしたか?

お金2.0が迎える未来がすごく楽しみでワクワクすると同時に、これからの働き方を考え直すきっかけとなりました。
「お金2.0」AnyPay社長のキムシンさんも激推しです!

ぜひ読んでください!

▲ちなみに佐藤さんの「未来に先回りする思考法」もとても面白い本なので、「お金2.0」が面白かった方はこちらもぜひ!

今回、こちらで要約を掲載する許可を頂いた佐藤航陽さん、箕輪厚介さん、ありがとうございました!

 

※内容が解釈によって歪まないよう配慮しましたが、使用している単語、文章は必ずしも本文から引用したものではないので、要約の過程で解釈が本文の意味するものとずれてしまっている可能性があります。ご理解くださいmm

8 件のコメント

  • コココインさんのまとめを見ながらお金2.0読みました!!とっても分かりやすかったです!
    記憶力が悪くて読んだ本や観た映画の内容をすぐ忘れてしまうので、私もこんなまとめができたらいいなと思ったのですが、、、まとめの画像は何のソフト使って描いてるのか差し支えなければ教えていただきたいです!
    またブログの更新を楽しみにしています(*´꒳`*)

    • ありがとうございます!!!私も一度だと忘れてしまうので目も撮ってます^^ iPadのMetaMoji noteっていうアプリを使っています〜

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    23歳仮想通貨女子です! 初心者ですが、日々情報収集をしながら 仮想通貨投資を勉強しています˖∙˚ \(˚•˚ )/ˣ .゚